中止を求める理由


このメガソーラー建設のためには、広い範囲で樹木を伐採しなければなりません。樹木の伐採は伊豆高原の美しい景観を損ない、伊東市の基幹産業である観光資源としての価値を引き下げます。

大分県杵築市は伊東市のメガソーラーとほぼ同じ規模の10万枚のパネルを斜面に敷き詰めました(事業者はハンファソーラーパワー杵築)。

傾斜地の山林に、環境に配慮した成功例として紹介されていますが、同様のものがこの伊東市の大室山周辺にできることを想像してみてください。大室山に登った観光客がその景色を見て、「またここに来てこの景色を見てみたい」と思うでしょうか?

景観が変わるという、すぐに目に見える影響だけではありません。
斜面にある樹木を伐採することによって、森林の保水力が低下し、洪水や土砂流失の危険が高まります。

事業者は調整池や砂防池を設けて土砂流出を防止すると説明しています。下の写真は杵築市のメガソーラーの沈砂池の写真です。

しかし実際には大雨が降れば計画書面上では問題がなかった筈の事態が生じてきます。下の写真は茨城県石岡市の被害の実例です。関係諸機関の認可を得た工事ですから、大雨対策も書面上では十分なされていた筈ですが…。

森は海の恋人といわれるように、山も森も川も海も、水と大地によってつながっています。森に棲む生物から生息地を奪うばかりでなく、森林の伐採で水産資源に影響を与えるでしょう。

土砂災害とまではならなくても、雨が降れば流れてくる泥水が川の水を汚すことは十分考えられます。下は高知市のメガソーラー造成地から流れ出た赤土で濁った川の写真です(高知市土佐山弘瀬=鏡川漁協提供)。

川が汚れれば、海も汚れます。下は高知県土佐清水市の山を削ったために泥水が流れ込んだ海の様子です。

除草剤をまけば、土壌が劣化し、海が汚染され、漁業とダイビングが打撃を受けるでしょう。

台風がもたらす強風で太陽光パネルが飛ばされ、近隣住宅や畑に被害をもたらすかもしれません。下の写真は群馬県伊勢崎市の被害の例です。

 

パネルの熱によって周囲の気温が上昇し、生態系を狂わす心配もあります。

メガソーラー全てが悪いという訳ではありません。小田原市の「太陽光発電屋根貸し事業」のように、事業者と住民が協力しあって市民発電所のようなものを作り上げるという幸せな取り組みも出てきました。

しかし、伊東の豊かな自然を破壊するこのメガソーラー建設に関してはそのまま認めるわけにはいきません。私達はこの計画は一旦、白紙に戻し、この地の美しい自然を守りつつ、新しい街作りをしていくにはどうしたら良いかを、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。