6月の活動


◆市長による「研究会」2回目

  • 日時 2017.6.23(金)17時
  • 場所 市役所会議室

メガソーラー建設計画に反対する5市民グループ、2行政区、1自治会のメンバーが市役所に集まり、小野達也市長や担当部課の職員に反対理由を説明し、情報交換をしました。その中で、市長は6月28日に事業者と会って、白紙撤回を求めていく、と述べました。白紙撤回が困難な場合は地元の同意を得ることを第一に、市民が安心できる計画とするよう事業者に働き掛けていく考えを示しました。

市民グループ

  • 伊豆GPT
  • 勉強会を求める会
  • 伊豆高原メガソーラーパーク発電所計画から海を守る会
  • 伊東メガソーラー建設の中止を求める会
  • 伊東を考える市民の会

行政区

  • 八幡野区
  • 赤沢区

伊豆高原親和会

  • 自治会

◆市長へ署名簿を提出(詳しくは⇒こちら

第一次締め切りで集まった10,286筆の署名簿を以下の日程で伊東市長に提出いたしました。引き続き署名は集めますが(第二次締め切りは7月31日)、2ヶ月間でこれだけの署名を集めていただいた皆さんに心から感謝いたします。

  • 日時:2017年6月22日(木)
    場所:市役所 7階  市長公室

◆市議会へ反対決議を要請

伊東市議会として「太陽光発電所に伴う開発行為に対する反対決議」を行うように要請する文書(議員提案)を6月定例会に向けて提出。詳しくは⇒こちら

◆勉強会の開催

  • 日時:2017年6月2日(金) 19:00~20:30
    場所:八幡野コミセン 2F会議室
  • 講師:松山寛文(伊豆GPTアドバイザー)
    参加費::300円 (資料代・部屋代)

講師は第1回意見交換会(賛同者会議)で発言をして下さった伊豆GPT(http://izu-gpt.org)の松山さんです。松山さんはメガソーラーとソーラーパネルに関して、材料科学の専門家としての立場から発言して下さったのですが、時間の都合上、詳しくお話しを聞けませんでした。そこで勉強会という形で改めてお話しを聞くことになりました。

◆市長による「研究会」

  • 日時 2017.6.2(金)15時〜17時
  • 場所 市役所会議室

メガソーラー建設計画に反対する7団体のメンバーが市役所に集まり、小野達也市長や担当部課の職員に反対理由を説明し、情報交換をした。詳しくは⇒こちら

◆県知事との面談・情報交換

  • 日時 2017.6.1(木)17時〜18時40分
  • 場所 観光会館会議室

川勝知事と伊豆高原メガソーラー建設計画に反対する以下の3団体が面談し意見交換をした。当会からは知事宛に要望書その他を提出(3自治会、2市民グループの反対声明、事業地とその近くの別荘地の関係を示すマップ)。大規模な森林伐採に起因する影響(土砂災害の誘発、治水、景観保全、自然環境)を懸念し、厳密な審査が行われること、今後に向けて条例の策定を要望した。

  • 伊東メガソーラー建設の中止を求める会
  • 伊豆グリーン・プロジェクト・チーム
  • 伊豆高原メガソーラーパーク発電所計画から海を守る会

これに対して知事は、伊豆の観光振興策として、ジオパーク構想はその中心になるべきものであり、それに反する伊豆高原メガソーラー建設計画は絶対に止めないといけない、と明言した。

コメントは受け付けていません。